2018年04月12日

韓国ドラマ「ラジオロマンス」日本再放送!


Highlight ユン・ドゥジュン、キム・ソヒョン主演の韓国ドラマ「ラジオロマンス」日本再放送!

仮面を被った国民的トップスター俳優チ・スホ役を演じるのは、「IRIS2-アイリス 2- :ラスト・ジェネレーション」「ゴハン行こうよ」などで俳優としての活動も著しいユン・ドゥジュン。また、ラジオ作家のソン・グリム役は「仮面の王 イ・ソン」「キスして幽霊!」のキム・ソヒョン。台本通りには進まないラジオブースで繰り広げる恋と成長の物語から目が話せないただ愛する仲 DVD

さらに、破天荒なラジオPDイ・ガン役を「家族なのにどうして ~ボクらの恋日記~」のユン・バク、スホの友人兼主治医であるジェイソン役を「雲が描いた月明り」のクァク・ドンヨン、スホを利用して芸能界復帰を夢見る女優チン・テリ役には、Girl's Day のユラなど、個性豊かなキャストが集結。第1話にはBlock B ユグォンが、生放送をドタキャンしたアイドルDJとして登場する。

日本初放送を前に、主演を務めたユン・ドゥジュンとキム・ソヒョンからのコメントも届いているので、ファンは必見だ。

あらすじ

文章を書くこと以外はなんでも上手にこなすラジオ局入社4年目のグリム(キム・ソヒョン)は、生放送をドタキャンしたアイドルDJを探しに訪れたパーティー会場でトップスター俳優スホ(ユン・ドゥジュン)と最悪の出会いを果たすラジオロマンス あらす。一方、ラジオ局の破天荒なラジオPDガン(ユン・バク)は新番組のメイン作家にグリムを、DJにスホをキャスティングすると言い始め…。
  

Posted by xiaohuangs@hotmail.com at 11:12Comments(0)TrackBack(0)韓国ドラマ ラジオロマンス DVD

2018年04月08日

「賢い監房生活」「人生キャラクター」見つけた俳優たち

tvN『賢い監房生活 DVD』は、スーパースター野球選手キム・ジェヒョク(パク・ヘス扮)が一晩にして犯罪者となり、収容された刑務所の中で起きる物語と、その中で暮らす人々の生活を描くブラックコメディドラマだ。

『賢い監房生活』は初回放送前から大衆の熱い関心を受けた。これは『応答せよ』シリーズで国民から愛されるシン・ウォンホPDの新作として知られていたためだ。シン・ウォンホPDは『応答せよ』シリーズを通じて、馴染みのある顔だが、際立つ活躍を繰り広げる前の新人たちを主演として打ち出し、作品を通じてその先見の目が卓越していることを立証してきた。

中でもシン・ウォンホPDは俳優たちの魅力ポイントをドラマでしっかり盛り込むことでも定評がある。作品に登場する人物ごとに各自の事情を通じて視聴者の共感帯を刺激し、大衆の愛を引き出した。

『賢い監房生活』でも数多くのキャラクターが登場し、ただ愛する仲 DVD各自の物語を繰り広げた。その中心には野球選手キム・ジェヒョク(パク・ヘス扮)がいた。怪物投手と呼ばれるキム・ジェヒョクは妹(イム・ファヨン扮)の性暴行犯を捕まえようとし特殊奉公容疑で裁判にかかり、過剰防衛という結論が下され懲役を言い渡され刑務所に入ることになった。

賢い監房生活 DVD


キム・ジェヒョクが刑務所に収監され出会った仲間たちは各自はっきりとした個性を見せて活躍を繰り広げた。その中でパク・ホサン(文来洞カイスト役)とイ・ギュヒョン(ユ・ハニャン役)は『賢い監房生活』を通じて人生キャラクターを更新したという好評を受けた。パク・ホサンは舌の短い発音で、イ・ギュヒョンはたどたどしい話し方など独特なキャラクター設定でドラマに活力を吹き込んだ。

チョン・ヘイン(ユ大尉ユ・ジョンウ役)は前作『あなたが眠っている間に』にて大衆に印象付けたとすれば、『賢い監房生活 DVD』を通じて、一味違う魅力を披露して数多くの愛を受けた。チョン・ミンソン(コ・バクサ役)とチェ・ムソン(長期囚キム・ミンチョル役)、カン・スンユン(チャンバルジャン役)も時には愉快に、ときに哀切な物語で視聴者の視線を掴んだ。

この他にもパク・ヘスの頼もしい友人であり看守イ・ジュノ役のチョン・ギョンホ、パク・ヘスと恋人として呼吸を合わせたキム・ジホ役のクリスタル、ラジオロマンス DVDパク・ヘスの妹ジェヒを演じたイム・ファヨンをはじめとしてチョン・ウンイン(ペン部長役)、チェ・ソンウォン(斑点役)、カン・ギドゥン(ソン担当役)など数多くの俳優たちが自分の役目を果たしまたひとつの人生ドラマを誕生させた。  

Posted by xiaohuangs@hotmail.com at 16:27Comments(0)TrackBack(0)韓国ドラマ

2018年04月02日

映画「再審」のモチーフにも

益山(イクサン)薬村(ヤクチョン)五叉路タクシー運転手殺人強盗事件の真犯人に懲役15年の刑が最終的に確定した。

大法院3部(主審キム・チャンソク大法官)は27日、再審 DVD強盗殺人の疑いで起訴された薬村五叉路殺人事件の真犯人A(37)の上告審で懲役15年を宣告した原審の判決を確定した。罪のない人が濡れ衣を着せられた事件が18年ぶりに終わったのだ。
 
裁判部は「客観的な物証がなくても調査官の証言、Aの友人の陳述の信憑性およびその他の証拠などを総合すると有罪を認めた原審の判断が納得できる」と説明した。

Aは19歳だった2000年8月10日、タクシー運転手からお金を奪って生活費にすると決心し、バッグにナイフを入れて家を出た。嘘を愛する女 DVD家の近くで被害者が運転するタクシーの後部座席に乗って薬村五叉路のバス停まで移動した。到着した後に彼はナイフでタクシーの運転手を脅し、これに驚いて逃げようとする運転手を殺害した疑いを受けた。

運転手はタクシーの運転席から肩や胸など12カ所を凶器に刺された状態で発見され病院に移送されたが死亡した。当時、警察は最初の目撃者だった15歳のBさんを犯人として追い込んで裁判に引き渡した。2審で懲役10年の宣告を受けたBさんは上告を断念、2010年に満期で出所した。以後、2013年に虚偽の自白をしたとして再審を請求した。3年余りにおよぶ長い裁判の末に裁判部は2016年、Bさんに苛酷な行為が加えられたことを認めて無罪を宣告した。

Bさんにとって長く苛酷な時間。善惡の刃 DVDそれでもこの時間が無駄にならなかったのにはSBSの時事教養番組『それが知りたい』の努力があった。

『それが知りたい』はBさんが再審を請求した2013年と裁判中の2015年の二度にわたって、この事件について放送した。

『それが知りたい』は放送で事件発生当時15歳の少年だったBさんに違法な逮捕と監禁、苛酷な行為を加えたことを知らせ、風の色 DVD被害者には膨大な量の出血があったにもかかわらずBさんの持ち物からは一滴の血液も検出されず、タクシーからBさんの指紋も出なかったのに自白だけで逮捕したことへの不合理さを批判した。  

Posted by xiaohuangs@hotmail.com at 15:55Comments(0)TrackBack(0)