2017年06月19日

『7日の王妃』2子役が押した面白さ

イ・ドンゴンがリードして、パク・シウンとペク・スンファンが押すという面白さがあった。 

KBS第2のドラマ『7日の王妃 DVD』第1話は、シン・チェギョン(パク・シウン)が、晋城大君(ペク・スンファン)や燕山君(イ・ドンゴン)と初めて会う場面が描かれた。 
この日シン・チェギョンは、男装をして漢陽に上り、晋城大君が敵であることを知らないまま出会った。 晋城大君は、シン・チェギョンから鳥の糞を付けられたことでちょっとした復讐をした。 シン・チェギョンは手紙を失くし、番人 DVD晋城大君が盗んだと思い込む。 

7日の王妃 DVD


シン・チェギョンは、晋城大君に続いて燕山君とも運命の出会いをする。 燕山君を晋城大君と勘違いして会ったのだ。 シン・チェギョンは、後で燕山君の顔を見て、別人を追ってきたことを知り困惑した。 燕山君は、そんなシン・チェギョンに好奇心を持つ。 

7日の王妃 DVD』のスタートは、幼いシン・チェギョンと兄弟2人との出会いが主なストーリーで、唯一成人俳優だったイ・ドンゴンと子役のパク・シウン、ペク・スンファンが熱演した。  

イ・ドンゴンは、異母弟への嫉妬、帰ってきたポクダンジ DVD不安、狂気などの感情を目つきで表現し、ドラマの重心を取った。 
2人の子役は、初々しいケミを見せてくれた。


Posted by xiaohuangs@hotmail.com at 16:40│Comments(0)TrackBack(0)韓国ドラマ

この記事へのトラックバックURL

http://yoomails.fukuokablog.jp/t12240
上の画像に書かれている文字を入力して下さい