2017年11月15日

映画「ダンケルク」感想ネタバレあり解説

新作を出すたび出すたび、圧倒的な映像表現と斬新な世界観、そして予想を裏切るクライマックスで、観る者達を驚愕させてきた監督の最新作は実話を元にした戦争映画。

彼が手掛けるのだから、ダンケルク DVDこれまでの戦争をの常識を覆す、全く新しい戦争映画になっていることだろう。

フランスまで勢力を広げたドイツ軍の電撃的な戦いにより、フランス北部ダンケルクまで追いつられてしまった英仏連合軍。彼らを救出すべく取った作戦こそ、史上最大の救出作戦といわれた「ダイナモ作戦」である。

この作戦を基に勇気ある撤退を、ムーンライト DVD独特の緊張感と臨場感で展開されていく。

果たして彼らは生き残れるのだろうか。

フランス北端ダンケルクに追い詰められた英仏連合軍40万人の兵士。

背後は海。陸・空からは敵――そんな逃げ場なしの状況でも、ダンケルク DVD生き抜くことを諦めないトミー(フィオン・ホワイトヘッド)とその仲間(ハリー・スタイルズ)ら、若き兵士たち。

一方、母国イギリスでは海を隔てた対岸の仲間を助けようと、民間船までもが動員された救出作戦が動き出そうとしていた。民間の船長(マーク・ライランス)は息子らと共に危険を顧みずダンケルクへと向かう。

 英空軍のパイロット(トム・ハーディー)も、VIP DVD数において形勢不利ながら、出撃。こうして、命をかけた史上最大の救出作戦が始まった。果たしてトミーと仲間たちは生き抜けるのか。勇気ある人々の作戦の行方は!?


Posted by xiaohuangs@hotmail.com at 16:56│Comments(0)TrackBack(0)

この記事へのトラックバックURL

http://yoomails.fukuokablog.jp/t13102
上の画像に書かれている文字を入力して下さい